多汗症はボトックスで治す

多汗症はボトックスで治す

多汗症とは、普通の人よりも脇の下や手のひらなどに異常に汗をかく人の症状をいいます緊張したりする場合に出る汗以外に何もしていないのに、汗をかく人もなかにはいるのです。

 

 

 

多汗症の人が、一般の人よりも汗の分泌量が多いのは、汗を出す汗腺が多かったり、太かったりするのが理由であるといわれています。

 

 

 

対策としては、ボトックス注射法などがあります。脇の下などにボトックスを注射して、汗腺を細くしたり抑えたりします。汗を出すだけで施術するの?!と思われる人もいますが、毎日、だらだらと汗をかくのは、やはり、日常生活にも影響をすることから、なんとかしたい問題でもあります。

 

 

 

客先で名刺を交換するときでも、先方に不快感を与えますし、プレゼンテーションや会議の時でも多汗症であることは、あまりいい印象をもたれません。

 

 

 

分泌量が以上に多い人は、美容外科などで対策するのがいいかもしれません。多汗症を病気とみるかそうでないかは、あまり問題ではありません。

 

 

 

とにかく、治療することで改善するように努めてみてはいかがでしょうか。