整形のはじまり

整形のはじまり

今では整形は身近な存在となりましたが、いったいいつから始められたのか考えたことありますか?整形にも歴史があるのです。一番最初はどんな内容のものだったのか気になるところです。

 

 

 

一番最初の整形手術は、なんと紀元前1500年ごろにまでさかのぼります。インドで造鼻術というのがありました。額の皮を利用して、鼻を再生していたそうです。麻酔もなかったのかと思うと、想像してだけでぞっとします。

 

 

 

近代になると、1845年にディーフェンバッハという医師が鼻の手術を最初にしたものになるようです。この人物は、麻酔法をドイツに初めて持ち込んだ人ともいわれています。こちらでも、整形した箇所は鼻なのです。なぜ、鼻だったのかというと、ユダヤ人への人種差別との関係があるのです。

 

 

 

ギリシャ・ローマ的な鼻が美しいとされていて、ユダヤ人の鷲鼻を整形することに大きな意味があったのです。当時の技術は、今でも高く評価されるほどのものだったようです。

 

 

 

日本で整形の技術が入ってきたのは、昭和初期でした。第二次世界大戦で負傷した兵士たちの傷の手当てにも大いに役立ちました。その後、現代になるまで技術はめまぐるしく発展していきます。整形をしたいという人が増えるにつれ、技術もどんどん高度になっていったといえます。

 

 

 

すばらしい腕の医師のもとで、自分の理想となる顔を手に入れられるというのは、今までの人生をやり直すことができるといった気持ちにもしてくれます。多くの女性が整形に憧れているのは、今も昔も変わらないのでしょうか?リスクもきちんと把握したうえで、きちんと計画を立てて行うようにしましょう。