医療レーザー脱毛の施術法

医療レーザー脱毛の施術法

医療レーザーによる脱毛というのは、エステサロンでは受けることができません。整形外科や皮膚科で行われる脱毛になります。特殊な医療レーザーを当てて、脱毛をします。このレーザーには、メラニンを破壊する力があります。メラニンにだけ反応して照射されるので、毛だけにスポットが当てられるのです。

 

 

 

このレーザーを数回当てるだけで、脱毛は完了するのです。このレーザーは、もともとはホクロやシミを消すときに使用されていたものを改良して、ムダ毛の処理にも使えるようになったのです。今、多くの医療機関で使用されているレーザーの種類は、ダイオードレーザーというものです。

 

 

 

これは、日本人の毛質や肌質に合っているとされ、広く普及しています。脱毛後に肌にトラブルが生じても、医療機関なので薬を処方してくれます。その点では安心できるといえるでしょう。専門的な知識を持った医師がいてくれるので、不安な点は細かい説明もしてもらえます。

 

 

 

不安な要素を取りはらってから、納得したうえで脱毛をしたいものです。ただ、この脱毛法にも注意点があります。それは、紫外線に当たらないようにすること、毛を抜かない、染めないといったことです。自分でのケアをあまりしないようにして、任せましょう。

 

 

 

エステサロンよりは専門的で、医学的な点を考慮してある脱毛法です。痛みが、輪ゴムをはじいた程度といわれているので、肌への負担が少ないのも事実です。いろんな脱毛法がありますが、何に重点を置くかで選ぶものは変わってきます。しばらく通うことも考えて予定を立てることも大切です。